代謝を高める

40歳に近づくと、少しずつ体重管理が難しくなってくるもので、食べれば食べただけ脂肪に転化されているような気持ちにもなります。加齢によって徐々に腕や下腹部の体脂肪率もふえてきて、体全体に脂肪が蓄積されるような気がします。

 

35歳を過ぎてから、高い代謝を維持することはとても大事ですが、どういった食事が代謝を高める効果があるでしょう。基礎代謝は、加齢と共に低下していきます。年をとると、食事量に応じて太ってくるように感じるのは、そのためです。

 

かといって、ただ食事制限をすればいいというわけではありません。たんぱく質やビタミン、ミネラルなど体を維持するために必要な栄養が不足すると、基礎代謝がますます下がって、体重が増えやすくなります。

 

ミネラルや、たんぱく質を食事から十分に摂取することが、代謝を高めるためには必要なことといえます。たんぱく質、脂質、炭水化物は、肉体を維持するためには必要です。

 

これらの栄養素を体内で活用するためには、ビタミンB群を摂取することも大事です。基礎代謝を高めるためにも、毎日の食事をきちんと摂取し、かつ体重を減らすために、ビタミンB群を補給することが大事です。

 

外での食事が多い人、お菓子や間食、アルコールを好んで摂取する人は、ビタミンB群が足りなくなっていることがあります。ビタミンB群を摂取して、効率よく痩せるためには、レバー、青魚、豆類を積極的に摂取することが大事になります。

 

健康維持に役立つ量の食事を確保しながらダイエットと両立するためには、ビタミンB群を積極的に取り入れることです。

関連ページ

食事の摂り方
ダイエットするときには食事の摂り方に気をつけなくてはなりません。あまり食事を少なくしすぎるのもまた、ダイエット的にはよくありません。
痩せる食べ方
食事の食べ方でも痩せやすいものや反対に太りやすい食べ方があります。早食いなど太ってしまう原因にもつながってしまうので、痩せるためのダイエットしているときはは注意しましょう。