痩せるための食事というと、極端なカロリー制限を行う人がいますが、あまり食事を少なくしすぎると、ダイエット的にはよくありません。

 

リバウンドが起きたり、病気になってしまうことがあります。食事とダイエットを両立するにはどうするといいでしょう。糖質制限と、脂質制限を的確に行うことが食事のコツです。

 

過度に脂質を摂取すると、使い切れなかったカロリーが体内に脂肪として蓄積されるため、体重が増えることになりますが、糖質がダイエットによくないのは一体なぜでしょう。

 

人間の体は、血糖値を一定に保つために、膵臓からインシュリンというホルモンを分泌しています。インシュリンは食事によって増加した血糖を体脂肪に変える働きがあります。

 

脂肪を分解しづらくする効果もインシュリンにはありますので、糖質の取り過ぎは体脂肪を蓄積する原因になるのです。糖質と言われて連想するのは、甘味や甘いジュースなどではないでしょうか。

 

甘いお菓子はダイエット中は控えるべきものですが、それだけでなく、糖質を多く含むものには、ご飯、パン、イモなど炭水化物の多い食材も該当しています。デンプンは、体内で糖質になる性質を持っていることを知っておきましょう。

 

かといって、炭水化物を全て抜くようなダイエットは、やりすぎというものです。糖質を摂り過ぎないためには、砂糖の多い甘味類を控え、摂取量を調整することを心がけていきましょう。

 

たんぱく質、ミネラル、食物繊維などを含む食事を心がけて、糖質や脂質の多いものは食べ過ぎないようにすることが、痩せるための食事の基礎となっているといえるでしょう。

関連ページ

食事と代謝
食事が代謝を高める効果。ダイエットするときには、ただ食事制限をすればいいというわけではありません。たんぱく質を十分に摂取するなど、代謝を高める食事の摂り方をしましょう。
痩せる食べ方
食事の食べ方でも痩せやすいものや反対に太りやすい食べ方があります。早食いなど太ってしまう原因にもつながってしまうので、痩せるためのダイエットしているときはは注意しましょう。